部品や用具の購入

自転車は買った。しかしそれだけでは…
パンクしたらどうしよう? 転倒したら? あれっ、ライトがないや、泥除けはetc
色々なものが必要のようだ。で、買っちゃいました
ヘルメット
 空気入れや、パンク修理セット、鍵などを買おうとしたら、お店の人が「自転車を守るより、まず躰を守ることが先だよ」と言われた。確かにそうだ。大事な頭を守るためにはヘルメットだ!
 雑誌なんか見ると値段もかなり幅がありますねえ。それにデザインも年齢を考えるとちょっと恥ずかしい。色も形も割と派手な感じだ。
「う〜ん、あまり派手なのは恥ずかしいし、かといって地味すぎるのもねえ…」
「ヘルメットは消耗品だよ(それにしては高すぎると思うけど…)まずひとつ買って、また痛んだら良いのを買ったら」とのアドバイス。で、買いました。早速被って市内を走って帰りましたが、みんなの視線を感じたのは気のせいだったんだろうか?
 ちょっと地味だけど息子に見せたら「なかなかじゃん、でも格好悪〜」と冷やかされた。格好じゃないんだぞ!大事な頭を守るためだから…
 
色々なサイクリング大会に行くとみんな格好いいヘルメットを被っている。我が輩のはちょっと地味ですねえ。最初に買ったときは「あまり派手なのは恥ずかしい」と言う気持ちがあったんで、地味な色合いにしたんです。(でも好きな色なんですよ)
 で、今度は自分なりに格好いい!って思えるのを購入しました。ヘルメットは格好良さでなく、頭を守るのが使命。でも市販されているのはその基本機能は問題ない。やはり格好良さは重要な選択ポイントですね。値段もピンからキリ…
高いものは「軽い、空気抵抗が少ない、熱を逃がすetc」の理由があるようです。でも、手が出ない(^^;
 そんなわけで手頃な価格で一番のお気に入りを選びました。後部がちょっと跳ね上がっているデザインも素敵です。つばがあるのもいいかもね。
携帯ポンプ(空気入れ)
 MTB用で使用です。野山を走るんだから必要と思った。ゲージがついていたり、大きさやデザインも多種多様。「どれが良いですかねえ」どれも似たり寄ったりだよ。出先でちょっと使うくらいだからまあ、気に入ったの買えば」とつれない返事。で、このタイプにしました。
仏式と英式?に対応しているとか。上のレバーを90度か45度にする事で選択するようです。練習でエアーを抜いて試してみました。やはり小型の実力はそれなりですね。本番で使うには腕が疲れそうです(^_^;

携帯ポンプ(ゲージ付き)
ロード車用に買いました。ロードってタイヤが細くて格好いいですね。でもお陰でパンクしやすい。パンクを予防するには適正な空気圧を保つことが必要です。かなり高い圧力が求められます。わずかな圧力の違いが走りにも影響されるそうです。
以前持っていた空気入れでいれてみました。規定圧までいれるのはどんなに頑張っても無理(^_^;で、この空気入れを買いました。
やはり高い圧力を無理なくいれるには、ポコポコっていれる感じでなく、ガシガシといれる感じが必要です。その為には握りや足場が、そしてホースのフレキシブル化が必要です。それにぴったりの空気入れを求めることが出来ました(通販で購入)
 
 下の写真は自転車のフレームに取り付けたものです。なかなかコンパクトにまとまってます。圧力計も備わっています。さあ、ガンガン空気を入れましょう。今のタイヤはMAXで140psiまでいれます。この空気入れでもここまでいれるのは一苦労…いや二苦労かな。最初は慣れないためか、握りの部分に豆を作ってしまいました。水膨れです。一度走っててパンクしました。さあ、練習の成果の見せ所です。でもこの時はまた水膨れしたら困ると思って100psi位まででやめました。スピードは控えめにそして段差では止まるほどゆっくりと走りました。そして帰って下の画像の空気入れで所定の圧力まで入れた次第です。でも使いやすいのは事実ですよ。あなたは使いにくくてもコンパクト派、それとも実用派?。これはなかなか優れものですよ。サイクリングには必ず持っていかないと北海道の広い大地は路頭に迷うこと保証します(^_^;
フロアーポンプ(空気入れ)
 
サーフェス デュアルヘッド FP-100 RITEWAY serfas
 家で使うには小型の空気入れでは大変。で、これを買いました。
ゲージが着いています。値段も手頃な感じ。この製品の3倍くらいするのもありました。どこが違うのか分かりませんが、一番違うのは入れられる圧力の違いのようです。「自転車は?」「MTBです」「じゃあ、これで問題ないですよ。圧力の高いのはロード用などに多いから」「……」どれも同じくらいの圧力と思っていたんですが、そうですか了解。色もヘルメットと同じ感じだし、足で踏むところの格好も良いし、それに安いんでこれに決めました。自動車にも入れられる様な物や、バレーボールなどにも使えるようなアダプターが付いていました。

 買うときに「フランス式でも大丈夫?」と聞いたところ「フレンチは大丈夫ですよ」「フランス式ですけど…」「フレンチね、いいよ。英式や米式もOKです。フレンチはここを使います」とのこと。なんでフランス式だけ「フレンチ!」ってこだわるんだろう?他は日本語で言ってるのにねえ。それともフランス式なんて呼ぶのはダサイのかなあ(^_^;
パンク修理キット(ゴム糊不要)
本などによると「万一の場合予備のタイヤチューブを持っておくと良い」と書いているので、「チューブ下さい」、「MTBは滅多にパンクしないんで勿体ないよ」って感じ。「じゃあ、せめてパンク修理キットでも…」、「どうしても買うならしょうがないね」と言われながらようやく売って貰った(^_^;
 果たしてパンクしたとき、タイヤレバーを使って無事チューブを取り出せるだろうか?一度練習しておく必要があるなあ…昔(子供の頃)はこんな便利なのはなくって、マイナスドライバーでやったことはあるんだけどなあ。あのころは道も悪くよくパンクしたっけ
替えチューブ
 MTBのタイヤは滅多にパンクしないからねえと店の親父は言った。確かにタイヤはごっついが、それでもやはり心配だ。パンク修理キットは買ったけど、修理するより山などではチューブを替えた方が確実だし早いよ〜って一緒にツーリングした人から教えて貰った。確かにそうだよね。で、買いました。これより軽いのもあるらしいけどこの安いのにしました。ロングバルブタイプとノーマルとふたつの種類があった。普通のリムならロングでなくっていいよとのことでした。これでパンクしても安心だ。一度交換する練習しておいた方がいいかなあ…
フォールディングツール
 サドルの高さを調整するのにいつも6角レンチを一本もって走っていた。一緒に走った人から、右のようなツールを見せて貰った。これだ!っとひと目で気に入った。18もの機能がコンパクトトに収められている。洗練された形状に色々な機能がまとめられており、なるほどと唸らせる一品だ。黒い部分はタイヤレバーになり、チェーンのピン外しもついている。使うことの無いように祈りたいが、持っているだけで安心だ。この手の工具はまだ沢山の種類がありました。高いのは5千円を越えるのも…                              
チェーンオイル
自転車って構造は至って簡単。ちょっとした工具があればバラバラに分解してしまうことも可能に思える。でも基本を知らなけりゃあ壊してしまうだけだ。大事なところは変速機や駆動チェーン、それに給油して良い場所や、しちゃダメなところ、ブレーキなどのワイヤーのメンテナンスをマスターする必要があると思われる。
 とりあえずお店のレジスターの所に積まれていたメンテナンスの小雑誌と、人力駆動の命とも思えるチェーンへの油を購入した。
 早速タイヤの脱着を練習してみた。前のタイヤはお店でも最初習ったし、いとも簡単にできた。では後ろのタイヤをと取りかかったが、意外と外すのに手間取った。でもそれは序の口だった(^_^; 取り付けようとするとチェーンや変速機が邪魔になったり、あれ?どうだったかなあとなかなかうまく行かなかった。一時はこのまま自転車屋さんに持ち込まなければ…と真剣に悩んだが、悪戦苦闘の末ようやく成功した。で、数回練習。今ではパーフェクトだ(^0^) 
泥除け
「どんなのが良いでしょう?」と訪ねた。
「雨の時は乗らないでしょう。泥除けは必要ないです」と売ってくれない。「でも途中で雨が降ったり、泥道を走ることもあるからやっぱ付けたいんですが…」「その時は少しくらい汚れたり濡れても我慢すればいいでしょう」と全然売る気がない。店には泥除けも陳列してるのにねえ(^_^;
 先日、雪解け道を走った。後輪はビシビシと泥を跳ね上げる。お陰でサドルの裏や、背中、ザックは泥だらけ…帰宅後自転車や服の泥落としに精を出した。でも意外と苦でなく楽しい作業だった。汚れたら汚れたでいいや、泥除けなんかいらないよ。お店の人の気心が分かったような気がした。やっぱ、遊びで乗る分には不要だねと納得

 その後、北海道、九州へと転勤となって、MTBで山道を走ることは少なくなり通勤や市街地走行が主となった。こうなるとやはり泥よけが欲しい。で、さっそく購入しました。格好もそこそこで、簡単に脱着できるので雨上がりの日など重宝してます。
 フロントは上手い具合に着けられるのがないのでリアのみです。フロントはフレームである程度泥跳ねは軽減できるのでたぶん不要でしょう。
(06.07.26)

サイドスタンド
「あれっ、スタンドは付いてないんですか?」「……MTBにはスタンドはついてないし、付ける必要もないですよ」「でも街乗りなど普段は不便でしょう」「その時はどっかに立てかければいいし、オフロード走るときなどは危なくてダメダメ。必要ないよ」「どうして持って言うならしょうがないけどねえ…付けてる人いないよ」と、もしどうしても欲しいといっても絶対売ってくれない雰囲気(^_^; で、これも買いませんでした。
その後街や山でMTBを見かけたとき良く眺めてみると、ほんと付けてる人は見かけません。う〜ん、なるほど。さすがお店のおじさん。それより、手袋買った方がいいよと言われた

その後
 確かにオフロードではスタンドは危ない。でも町中ではスタンドがないとなかなか不便です。どこに停めようかと物色しなければなりません。北海道に転勤してMTBの使用は主に通勤や買い物となり、ついにスタンドを購入しました。通信販売です。フレームは角パイプなのでなかなか合うのがなかったんですが、ついに見つけました。格好悪いなんて言ってられません。やっぱ実用的ですね。でも、オフロードに行くときは必ず外していくようにします。このままでは危なくて乗れません(^_^写真のように挟み込んで六角ボルトで締め付けます。ロゴが隠れるのはちょっと残念ですが…;
メンテナンス用スタンド
虎の子をはたいて買った愛車、もちろん保管は部屋の中です。でも、スタンドがないので何かに立てかけて置くしかない。はっきり言って邪魔(^_^; それと、ちょっとディレイラーの調整する時(もちろん今は技術がないので、くるくる動かしてみるだけですが)等も不便です。で、買いました。使わないときは畳んでおけるし、写真のような構造なので整備するときにやりやすいとのことで、お店の主人お勧めのこれにしました。
 これで部屋の中でも邪魔者にされず、格好良く鎮座しています。
色も本体と同じシルバーです。
サイクルコンピュータ
 CATEYE CORDLESS 2
今日はどれくらい走ったかなあ?スピードはどれくらい?私はスピード狂ではないが、自分の足で稼いだ速度や距離はやはり知りたいものです。これだけは絶対買うぞ〜と決めていました。頑固な店のおじさんも、これは文句無しに「あった方が励みになるし、楽しいです!」とのご託宣「でもこっちの安い方でいいよ。こっちのコードレスは本体とセンサーの可能距離が少し長いだけだから」と安い方をすすめてくれた。走行速度・走行距離・走行時間・最高速度・積算距離・平均速度 ・24時間時計等が測定可能
 いやあ、これは使ってみると確かに楽しい。是非とも揃えたいグッズですね
下はハンドルバーにライトと供に付けた状況です

 オフロード走ってると時々検知不能になるときがあります。やはり凸凹道ではちょっとセンサーの設定が甘いと感知しなくなるようです。また高圧電線の近くでは異常な値を示すと言うことも聞きました。信頼性という点ではコードありのタイプの方が良さそうですね。オフロードでは煩わしいコード類は少ない邦画界的ですし悩ましいところです。
ライト
 昔の自転車は(今もあると思うけど)タイヤで発電するライトがついていた。でもMTBにはそんなライトはついていない。夜に走ることもないから不要なのだろう。でも予定が狂って少し遅くなったときなどやはりライトがないと危ない。おじさんいわく「あまり使うことはないけどね…」とあまり乗り気でなかったがこれは売ってもらえた。電池式だしあまり長持ちしそうにないが、まあ、非常時用と考えればいいかな
不要なときはレバーワンタッチで外れます。
足バンド
別に内股じゃないけど、ズボンの裾がひらひらしていると危なっかしいし、汚れも気になる。で、このバンドを買いました。マジックテープになっててラクチンに装着することが出来る。時々いかにも自転車乗りって感じで専用の格好いいぴったりした服を着ている人を見かけるが、そんな場合は不要でしょう。でも私はあんな服は似合いそうもないし、恥ずかしい。登山ズボンや、普通のズボンで乗る場合は重宝します。これをしないでチェーンの脂なんかが裾に付いたら、きっと母ちゃんにしかられるでしょうね(^_^;
ワイヤー錠
 虎の子を大枚はたいて買った憧れのMTB。人を疑う訳じゃないけど今の時代物騒な世の中です。鍵をかけないで置いておくのは「盗って下さい」といってるようなもの。自らが犯罪に荷担しないように、盗難防止をはかるのは持ち主の義務だと思います。
と、そんなに大袈裟に考えなくても、やはり盗られて泣くより用心にこしたことはない。自転車本体には、おまけとしか思えないちゃちな番号鍵が付いていたが、これだけでは不用心。このワイヤー錠と組み合わせれば泥棒も寄っては来ないだろう。
 ワイヤー錠は二種類あって「こっちの方が施錠するときワイヤーが捩れないで楽だよ」っておじさんが薦めてくれたが、安易に「安い方でいいです」って言ってしまった。確かに施錠しようとするとワイヤーがくるくるとなっておりやりにくい(^_^; でも機能に問題がなければちょっと苦労するくらい…と負け惜しみをつぶやきながら使ってます。
サドルの下に取り付けた。う〜ん、美しい!

その後
サドルバッグ付けたので今は取りはずしてます。現在は簡単な番号錠を主に使用しています。気分によってはウエストバックも使用するため、その時は取り付けてます。都合で長期間駐輪場などに停めるような時には使用してます。
シートクランプ
 サドルの高さ調整は、非常に重要です。「登りの時はちょっと高めに、下りの時は低めに調整すると乗りやすくなるよ」って、一緒に走った人から教えて貰いました。
 特に下りは高い位置で乗っているとブレーキかけた時などやばいです。いざというときはすぐに降りれる高さ、お尻を十分後ろに引いた安定した姿勢。 でもいちいち6角レンチで調整するのは面倒…そう思いながら走っていましたが、ワンタッチのクランプなら面倒ないよと教えて貰い早速購入、取り付けました。確かにワンタッチで素早く調整出来ます。これで我が輩も下りのプロ!
 でも締めがちょっと緩いような気がする。こんなものかなあ…
ボトルケージ
 のどが渇いた時、いちいちザックからペットボトルを取り出して…
これって意外と面倒です。で、こんなもの買いました。これも一緒に走った人から教えて貰った物です。ペットボトル(500cc専用)の首の所をゴムバンドで止めることが出来ます。色も車体と同じシルバーで違和感も無し。構造もシンプル。つけてるよ〜ってアピールすることなく静かに機能を発揮してくれそうです。さあ、これで長距離ツーリングも大丈夫かな(^_^;
サドルバッグ
ちょっとしたツールをいれるのに買いました。ロングサイクリングに行くときに荷物を何で持っていくかは結構悩みます。ザックを背負うと汗を掻きそうだし、ウエストポーチやヒップバッグでは腰が疲れそうだし…
物の本によるとなるべく体に付けず自転車本体に付けるのが良いと書かれています。ハンドルバーにつけるものやサドルの下、フレームなどの場所がありますがまずはサドルの下に付けてみました。チャックは二段になっていて物が多いときには少し容量が増えます。足の長い人ならサドルポストを伸ばせるので大きめの物が取り付けられますがそうでない人は要注意です。せっかく買ったけどタイヤと接触してなんて事にならないようにしましょう。私の場合二つのチャックを使用するとギリギリセーフでした。
それから反射鏡が見えなくなります。色々考えましたが、結局これは諦めフレームに取り付ける点滅ライトを購入しました。
 いつもいれているのはパック修理セットと予備のチューブ、フォールディングツール、ワイヤー錠、それに寒そうだなと思ったときは薄手のウインドブレーカーを入れてます。