マウンテンバイク買いました

購入の動機
 欲しいと思ったらもう我慢できない性格です(^^;;; でもなぜ欲しいと思ったんだろう…
そうです。私は山歩きが大好きですが、登山口までのアプローチはほとんどが車です。
なので、車の回収を考えると、やはり登山コースはピストンが多くなります。でも、ピストンでなく、あちら側に下りたいなあ何て思うこともたびたびです。そんなときはちょっと頑張って林道を歩いて戻ります。自然を愛でながらのんびり歩くのも良いですが、たまには疲れて林道歩きが嫌になるときもありました。そんな時には気軽に車に積める自転車があったらなあって思うことがありました。
 また、山を歩いているときに何と、自転車で下ってくる人達に出会ったこともあり、「へ〜っ、自転車で来る人もいるんだなあ…おもしろそう!」と思ったこともあります。で、まずは、あまり坂のない林道を乗れる自転車が欲しいなあと思った次第です。この時我が家には「やまなみ号」がたまに山歩きにはついてきていたんですが、タイヤを外したりして車に積み込むのは大変で少々億劫でした。それにもう古くて(15年以上活躍し、だいぶご老体でした)あちこちガタがきていたんです


やまびこ号購入
 ある日、自転車の広告が新聞と共に配達されてきた。市内のホームショッビングセンターで格安の折り畳み自転車が載っていた。「おっ、安い。ちょっと見に行こう」とそそくさと出かけた。この頃はまだそんなに自転車に対する思い入れもなく、ただ気軽に乗れればいいやと言うくらいの感覚だった。広告に載っていたのは確かに安い。しかし変速機構がない。これじゃあいくら何でも林道は厳しいなあと横を見ると、ちょっと高めの6段変速が鎮座していた。「おっ、これこれ、このくらいがいいじゃん」と欲しくなった。

 色々といじくり回してみるが、ちょっと林道を走るのにはちゃちかなあと購入へちょっと踏み切れない。その横には26インチの折り畳み自転車もあった。こっちの方がいいかなあと抱えてみると重い!それに値段も高い!で結局、重いと面倒であまり使わないだろうから。まあ、ちょっと乗るくらいだから。こんなもんでいいだろうと、折り畳めて気軽に車に積めることを最大の条件で6段変速の自転車を買った。というより本音は予算が第一だったのだ(^^;;;。


いざ、山へ
 やまびこ号を使って何度か山に行った。気軽に車に積み込めるのはやはり魅力的だ。下山口まで車で行って「やまびこ号」をデポし登山口まで引き返し登る。ただ、条件としてはやまびこ号は坂は苦手、下り気味のコース選択を余儀なくされた。下りを颯爽とやまびこ号で飛ばすのは快感だった!
でもやはり安物だったせいか、ブレーキが心許ない。それに6段変速とはいえ、ちょっとした登りでも結構大変だった。それに姿勢もどうも安定しない。舗装された林道ならどうにか使えるが、すこし登りがあったり、石ころの道となるいやはや、これは大変だ。押していくのって結構しんどいんだよね。
何か物足りないなあと思う日々が続いた。


MTBで山歩き?

 時々山でMTBを見かける。なるほど、あんな自転車なら頑丈そうだし、変速装置も問題なさそうだ。登りの坂道なんかすいすいだろうなあ…。タイヤも簡単に外せるみたいだし…
で、雨の日曜日、自転車店に偵察に行った。いくら位するんだろう?出来れば折り畳みがいいなあ。でもどんな種類の自転車が良いんだろう?全く予備知識もなく店に行った。
おっ、あるある。折り畳める26サイズのMTBが…値段も安そうだし色も良いなあと気に入ってしまった。「すみません。自転車で山道を走りたいんですが、これで良いですか?」「山ってどんなところ?舗装された林道?砂利の林道?それとも山の中の登山道?これは山の中を走るのは無理だよ。ルック車だから」「登山道もたまには走れるのがいいんですが。ルック車って何ですか?」店員さんは親切に教えてくれた。この時初めてサスペンションとは何か?、ブレーキの種類にも色々あることや空気を入れるバルブにも米式や仏式、英式があることを知った。


どれにしようかな?
 これなんかどうですか?と教えて貰ったのが「GIANTのROCK6000」。格好もいい。それに値段も手頃。「このメーカーは一流ですし、コストパフォーマンスも最高ですよ。リア、フロントのサスペンション付きですし、山を走るには最高。ほらタイヤもすぐ外せるし車にも簡単に積めますよ」と薦めてくれた。いいな、欲しいなあって思ったが、やはり機動力から見たら折り畳みも捨てがたい。それにまだ他にも沢山展示されており、知識の無いせいかフレームは…ブレーキは…等と色々見せてもらったら頭はパニック状態となってしまった。また出直してきま〜すとパンフレットだけ貰って来た。
帰宅後、パンフレットやインターネットで基本的な知識を仕入れた。なるほどなるほど…今の時代は情報が溢れており、その気になって調べるといろいろと分かってきますねえ。種類も値段も沢山あってその中から自分の遊びにあった一台を見つけだすのは至難の業だ。だが、店員さんの教えてくれたROCK6000なら要望を見たしてくれそうな気がしてきた。ただ気がかりは15.5kgと言う重さだった。それと他の自転車を見てみると、いくらコストパフォーマンスがいいとはいえ、見劣りする。やはり買うなら最初からそこそこの物を買った方が大事にするし飽きが来ない。それに性能もと言えば最低でも10万円位はといった情報が大多数だった。
 で、サイドカタログを眺める。メーカーはGIANTが良い!という気持ちになっていた。WARP DS1かDS2…これも格好も良いし、値段もそれなりだ。それに頑丈そうだ。もう一つ気になる自転車があった。それはXct NRSシリーズだった。

どこで買おうかな?
 候補はこの2機種に決定した。でも当初予定より予算的に厳しい。よし、インターネット通販で買おうかなとあちこち物色する。定価よりかなり安く売られている。在庫もあるようだ。
申し込もうかなあ…一応見積もり依頼してみよう。ただ心配は通販の場合あとの面倒をどこまで見てくれるかだ。万一トラブルがあったとき遠く離れていると色々大変そうだし

このあと工事中です。もう少し待ってね