クリスの日記 4月29日

  今日初めて檻の外で寝たよ 嬉や〜 嬉や〜 クリス様感激〜 良いもんだな・・・手足を一杯伸ばせてよ
  知らなかったぜ 少しずつ世界が広がってくな このソファーはいつか俺様の物にしてやる ガハハハ〜
  それにしてもよ あのオバン感動してたな・・・この子と一緒に寝られた・・・ってよ バカな奴よ
  もともとはよ 俺様はベタベタされんのが気色悪くて嫌いなんだ 抱っこだってさせねぇ〜よ
  俺様のモットーは 馴れてやらない オベッカ使わない とことん反抗してやる ガハハハ〜 分かるかな〜?
  たまたま気が向いたから一緒に添い寝してやったんだ オバンよ〜 そこんとこ間違えんなよ〜 

  今度はよ(笑) ひげオジンのひざの上で寝てやっか 単細胞の反応は・・・アハハハ〜 
  あいつよ とっても涙もろいんだ 寅さんって映画見て涙ぐんでのよ・・・笑っちゃうだろ〜

  しかしよ 若干不安はある
  あいつには読めねぇ〜とこがあるんだ いつも予想に反したことばかりするからよ 
  もしかしたら・・・こいつオシッコするんじゃ〜ねかとよ おっぽられるかもな 投げ飛ばされたりして
  やっぱ〜 止めとくベ〜 注意1秒 ケガ一生なんて事に・・・期待は裏切られるためにあるからな アハハハ〜
  止めとこ〜 止めとこ〜っと〜 一瞬でも期待持った俺様がバカだった 修行が足りねぇ〜〜〜
  
じゃ〜 またな・・・
クリスの日記 5月5日

  悲しいぜ 人間にも深い愛情ってあるんだな・・・

  今日よ 近所のペット・ショップに散歩がてら俺様のエサと アハハハ〜 おやつを買いに行ったんだ  
  ビックリこいたぜ 突然によ〜 お店に入ったとたん俺様を見て飛んできたお姉さんがいたんだよ
  いきなり俺様を抱きしめやがって 涙ぐんでやんの・・・普段だと吠えて咬んでやるんだけどよ〜
  話を聞いてやったらよ 涙涙涙さ〜 俺様と同じM・シュナイザーを13年間飼ってたそうだ
  ところが昨年によ 老衰で寿命だったんだろうな天に召されたそうだよ・・・(心からお悔やみ申し上げます)
  だからよ・・・お姉さんに黙って抱かれてた 暖かったな〜 愛情深い人なんだろうぜ

  ひしひしとよ〜 こみ上げてくるものがあったぜ・・・
  こんな愛情深い人に飼われたかったな 幸せに暮らせるんだろうな ん〜? もう遅いか〜 ギャ〜〜〜

  な〜 悲しい話だろ・・・出会い そして 別れる 定めよの〜 
  だからって言う訳じゃ〜ねぇ〜けどよ 出会ったお犬様を大切にな〜 後悔のないようにな〜 頼むぜ〜 な〜
  悲しい話だろう 俺様の契約更新が可能ならお姉さんの元へ行ってやりたい 行きたい〜! アハハハ〜 

  お姉さんにまた会えるといいな・・・今度会ったら思いっきりシッポ振ってやるか〜!
  それでも不足だから俺様の得意技の咬みつきサービスでもしてやっか〜! 半永久歯形付きでさ〜!
   

    
クリスの日記 5月10日

  めいるめいるめいるな〜 ゆうつだぜ 1日中雨・・・雨雨雨 退屈でぇ〜 退屈でぇ〜 アァ〜ア〜〜〜
  ところでよ〜 雨の日の散歩ってどうしてるんだろうな〜? 雨の日 嵐の日 夏日・・・
  義理のお兄さんのアンディーは1日も散歩を欠かした事ないって ん〜? ヤリ降りでもか アハハハ〜


  俺様の飼主は・・・汚れるからって めんどくさいからって 散歩を放棄しやがんのよ これってどう思う・・・?
  飼い主失格だろ〜 ん〜? 人間失格〜 アハハハ〜 確かに人間としてな うまい事言いやがるぜ
  まぁ〜 それはそれとしてよ
  雨は散歩できなくてつまらないが・・・雨降ってりゃ〜 家でゴロゴロしてられて良いか〜! な〜! アハハハ〜
散歩も良いがゴロゴロも良いな〜! 最高〜!
お犬様だって人間と同じよ〜 アハハハ〜
骨っこ食べて・・・寝られりゃ〜言う事ないぜ 
グゥ〜♪ グゥ〜♪・・・スヤスヤ・・・
ゲェ〜 冗談じゃ〜ねぇ〜ぜ 俺様を勝手に殺すなよ 縁起悪りぃ〜
知らねえのか・・・正夢ってもんがあるんだぞ ギャ〜〜〜
アーメン ソーメン ナンマイダー ナンミョウホウレンゲキョウ・・・
うたた寝は最高だな 幸せ〜〜〜 アハハハ〜 
ストレス解消に最適 ん〜? 毎日してる〜!
亭主は元気で留守が良い なるほどなるほど〜
女房はおやつ食べて昼寝してお留守番〜!
ミニチュア・シュナウザー クリスの物語
クリスの日記 5月12日

  泣いたぞ〜・・・

  ひげオヤジ奴はよ いつも映画やウルルンを見て泣いてて よくオバンにからかわれるんだけどよ アハハハ〜
  (本日よりオジンをひげオヤジにオバンをちびママに昇格いたぜ よろしくな〜!)
  ひげオヤジの反撃は決まってお前は情が薄すぎるんだ 愛情深く育てられなかったんだろ〜って ガハハハ〜
  負け惜しみの反撃を言うんだ 小せぇ〜小せぇ〜 くだらねぇ〜事でもめるなよ 頼むぜ


  今日よ いつもとは反対の逆転劇よ・・・テレビでさ イヌだらけの感激・・・? ってのをやってたのよ
  ストーリーは仔犬がよ 道端に捨てられててな(泣き) 幸いにも獣医さんに拾われたって話からはじまる
  ところがよ 拾ってしまったはいいがよ 獣医さんは職業柄手が一杯でよ お犬様を引き取れない状況ときた
  しかたなくお寺の前で里子親を探すんだ 俺様はどうなるんだと一生懸命に見てたらよ ガハハハ〜
  隣で見てたちびママがよ ウゥ〜ウゥ〜って アハハハ〜 泣き出したのよ・・・
  そしたらよ ひげオヤジが目ざとく見つけてよ 突然勝ち誇ったようにちびママに向かってよ チャチャチャ〜ン
  オォ〜 珍しや〜 泣いてんのか〜 始めて見たぞ〜って言ってから アハハハーと大受けよ
  お前さんにも情は通ってるんだ〜と言い放った ひげオヤジの奴は強者には弱く アハハハ〜 弱者には強い
  この単細胞野郎が・・・お前だってぐしょぐしょに泣いてたじゃないか 見てたぞ〜
  じつはな そう言う俺様も泣いたんだ 結果オーライで泣けたな〜

  それからよ〜
  今日はついでと言っちゃ〜なんだが俺様の散歩友達を紹介するぜ〜!
  日が悪いのか・・・あまり友達に会えなかったんだがよ・・・少なくて悪りぃな
  (ん〜? オイオイ〜 勘違いすんなよ 友達が少ないと言う訳じゃ〜ねーぞ 汗汗汗)
いつもつながれっぱなし柴の奈々ちゃん
だからここで挨拶するんだ ワンワン〜!
クリスの日記 5月21日

  襲われたた〜・・・

  今日はひげオヤジの買い物お供で自転車での散歩したんだ おもいっきり走れる直進コースで走ってたのよ
  そしたらよ突然に 俺様が首吊り状態で浮いたんだ 死ぬかと思ったぜ 汗汗汗
  何があったんだと下を見たら驚くじゃーねーか・・・柴犬の成犬が鼻にシワをよせて唸ってた ビックリよ
  俺様の足に咬みつこうと必死に背伸びしてるじゃねーか そんでもって俺様はさらに高く上がってよ
  自転車の後ろに回され今度は前へ回され首吊りの状態で そしてよ 自転車の前カゴに落とされたのよ

  ひげオヤジはとっさの判断で柴犬が俺様におおいかぶさり咬みつこうとしたので首吊り状態で上げたらしい
  オイオイ〜 俺様が窒息死したらどうすんだよ 後先考えねぇ〜んだから 汗汗汗
  その後かい・・・迫力満点だったぜ 自転車に乗りながら柴犬の顔面に蹴りをいれたんだ
  すると柴犬も気が強いね ひげオヤジに唸りながら咬みつこうと牙をむき出しに向かってきたんだ
  それでよ どうなったってか・・・
  ひげオヤジがコラ〜と一括しひるんだ一瞬に自転車を壁越しに立ててよ 柴犬を襲ってしまった ギャ〜
  かわいそうだけどな〜 あいつを怒らせた柴犬が悪い
  やっぱ・・・あいつキレルと半端じゃーねーよ・・・皆も注意しろよ 

  あぁー 柴犬かい・・・キャン〜キャン〜と泣きながら逃げて行ったよ
  冷静になったひげオヤジの奴 可哀想なことしたと反省してたっけ 悪いのは柴犬の飼い主だからよ
  それにしても柴犬を放し飼いしてる奴 許せないな・・・人間の子供だったら大事で保健所行きだぜ
  飼主はたるんどるぞ〜 な〜 そう思うだろ
  恐かったな・・・俺様の三倍はあったぞ〜 ぞぉ〜 思い出すだけでも寒気がするぜ 散歩は注意しようぜ
    
もう鼻時も出ない出血大サービス〜! アハハハ〜 じゃ〜な〜
汗汗汗〜 忘れてた〜 アハハハ〜
今日からデジカメ映像載せるぞぉ〜 俺様の飼主は貧乏人だからなー 許してやってくれ 頼むぜ〜!    
次のページ
2002年
ゲェ〜 デカイ〜 こいつは初対面だぜ
オイオイ〜 そばによるなよな
俺様は4ヶ月の子供だから脅かすなよ〜 頼むぜ〜