HOME 富士高リポート

山梨県北杜市での「大人の林間学校」
 2006年7月22日から23日にかけて、山梨県北杜市に行き、「大人の林間学校」を開きました。昼間は清里の牧場や、サントリーの白州のウイスキー蒸溜所などを訪ねました。同市武川町にある1年先輩の小久保隆さんのロッジに宿泊。小久保さんの同期の井出洋介さん平野文さんも加わり、夜はバーベキュー、花火大会、麻雀の王者、井出さんを囲んでの麻雀大会など盛りだくさんの林間学校でした。


山梨県北杜市高根町清里3545の萌木の村にあるオルゴールの博物館「ホール・オブ・ホールズ」。

萌木の村はメリーゴーラウンドやレストラン、雑貨店などがあり、のんびりできる。

サントリー白州蒸溜所(山梨県北杜市白州町鳥原2913-1、0551・35・2211)。

 小久保さんが「井出名人と麻雀をするのに、ちゃんとした卓がないのは失礼」と、全自動麻雀卓を購入。椅子やつまみを置くテーブルなども付いていて、クルマ2台で運んだ。組み立てに精を出す小久保さん。

 果たしてちゃんと動くか全自動麻雀卓。

 動いた。大成功。

 女性たちはバーベキューの準備に黙々。

 平野さんも関心を示し、麻雀卓試運転に参加。

 童心にかえって喜ぶ先輩3人。
 井出さん考案4枚麻雀開始。平野さんも真剣。

次はバーベキューの準備だ(忙しい・・・)

 はい、乾杯しますよ。

 乾杯!

 遅れて熊川君(左)も登場。

 花火師登場。この後打ち上げ花火で花火大会スタート。

こらこら、そんな家の近くで打ち上げ花火をしたら怒られるぞ(怒られた(^_^;)

 すっかりわきあいあい。
 バーベキューの後は井出名人指導つきの麻雀。中澤君の快進撃のなか、井出さんはプラス。「解説」で相手の手をほとんど読みきっていることがわかった。
 井出さんは最も振り込みの少ないプロ雀士。親睦のなかでも負けない麻雀を見せてくれた。
井出 中澤 相川 栗山 小久保
+28 −13 −18 +3
−23 +60 −31 −6
−3 +30 −2 −25
合計 +2 +77 −51 −22 −6
 翌日は小久保さんのスタジオ見学


 シンセサイザーだけでなく、変わった楽器もいろいろあった。

1980年に開村した清春芸術村(山梨県北杜市長坂町中丸2072)にも立ち寄った。

 参加者は、相川浩之、遠藤二郎、熊川尚哉、栗山圭吾中澤隆司、松田高行、落合<塚本>惠子、齋藤則子、西上原<橘高>三千代の同期9人と、1年先輩の小久保隆さん、井出洋介さん、平野文さん