2012年3月27日   火曜日  午前9:30頃
倉敷市庄新町   「王墓の丘史跡公園」のうち「楯築遺跡」



「日本のストーンヘンジ」とか

「岡山のストーンサークル」と・・・・岡山県内限定で・・・呼ばれている楯築遺跡。




旧・庄村にある楯築遺跡に来た。




その遺跡は団地のほぼ中央に残っていた。

「庄新町」という住宅地の中に小山があり、そこが「王墓の丘史跡公園」。写真↑のように駐車場もある。








遊歩道を登っていく。













楯築遺跡の西側には日差山。




日差山のすそを通る山陽自動車道、倉敷JTCと岡山JTCの中間。













この頑丈な石造りの建物は、楯築遺跡でもなく、その出土品保管庫でもない。

トイレ。
















これは楯築神社。すぐ隣に大きな給水塔が建っている。






団地の中の遺跡、

それが「楯築遺跡」。






そして、

こっ

これが

あの


「日本のストーンヘンジ」。








墳丘の上へ巨大な石が五個、円形に立っている。





古墳時代の円墳で、団地造成等の為開発された部分もあるが、中心地だけは残っている。

この墳丘からはガラス玉や勾玉も出土したそうだ。











日本のストーンヘンジの周辺は小型の古墳がつづいている。それを遊歩道が繋いでいる。















この日本のストーンヘンジからは見晴らしがいいのも特色。




川は足守川、山には・・・写真一番左部分・・・総社の鬼ノ城遺跡。













高松の最上稲荷、竜王山。山陽道は岡山JCT付近。




足守川の川岸には「惣爪塔跡」もある。









「吉備の中山」、備前と備中を分ける山。宮内庁の墓地もある関係でほぼ手つかずの自然が残っている。






このような眺で、山々以外の平地は古墳時代は海辺だったそうだ。





つぎ・王墓山古墳群











2012年3月28日