2012年3月25日    日曜日   午前10:36〜12:08
小田郡矢掛町  「おかやま宿場町やかげ 流しびな」



小田川と流れ橋の観月橋を見てみる。


向う岸は「嵐山」。











これが「観月橋」。




残った橋桁も撤去するのだろうな。

渡る人がいなかったから廃止はやむを得ないが、姿まで消えるのはさみしいものだ。











山陽道矢掛宿本陣の御成門。




子供が3人、カメラマンの人気。



どれほど人気かといえば、これほど↓の人気。











踊りがはじまった。


場所は山陽道と松山道の三叉路。





この時、雨が降り出した。






天気予報では「雨」は無かったながなあ。







優雅な舞だった。










舞が終わったら本陣へ向かう。雨はあがった。












人力車にはお姫様が乗っている。













平安貴族の雅な旅衣装。

市女笠 (いちめがさ)に虫の垂れ絹。











本陣前で踊りがはじまった。












見物人の半数がカメラマン。











壊れた音で雅楽が流れる中、優雅な舞が円形になってつづく。











編み笠、桃の花、帯。優雅じゃわ。













笠を深くかぶるので、残念ながらお顔はほとんど見えない。










放送によると

高校生が7割くらい。






手の動きに特徴がある舞。














本陣前は舞う人を囲んで見物人とカメラマンで混雑した(本陣以外は閑散)。










舞が終わって挨拶。











つぎ・やかげ 流しびなB













2012年3月26日