2011年3月15日    木曜日
兵庫県宝塚市   宝塚大劇場   公演時間11:00〜14:05



「花のみち」が終わる付近に立ちんぼしている人が多かった。



ははーーー、踊子スターが来るのを待っているのだな。




うわーーーー、キャーーーーー、

の声により踊子スターがやってきた。


車から降りて早足で歩く、さっそうとした姿だ。


それに、ただ早足だけでなく、ちゃんとファンを一二度向いて笑顔で応じている。




大劇場に入った後も、ガラス越しに手降ってから消えた。







それと同時に立ちんぼファンは劇場に向かった。











宝塚大劇場の前。











宝塚を流れる武庫川。対岸は宝塚温泉街。












大劇場の横の武庫川、川の中央には常に噴水が上がっている。













では開門時間になったので入場しよう。










劇場内はとにかく、あでやか。床はもちろん絨毯。











ここは2階席。











えいちゃんは4階席。









現在午前の部・公演中は「ドンカルロス」。


ヴェルディ作曲の歌劇。

筋道は、大幅に脚本が変わっていた。まあ、ここは宝塚だしオペラでもないからな。





舞台は次々に変化したが一幕ものだった。

踊りや衣装も、華やかな上に豪華だった。

配役は

雪組の


ドンカルロス・・音月桂

レオノール・・舞羽美海

ポーザ侯爵・・早霧せいな



ドンカルロスが1時間半ほどで、休憩が30分ほど。

踊り・歌が1時間、計3時間ほどの公演。



踊りはラインダンスを楽しみにしていた。

最後60人全員で踊るのだろうと思っていた。



それは中盤にあった。30人くらいで”やっ!””やっ!”の声と共に脚をぴゅん。

孔雀よりもきれいな羽根をつけて踊った。









公演は終わった。










初めての宝塚はキラキラしてまぶしかったな。










観客も男性は20%くらい。

演じる人も、見る人も、女性の世界かもしれんなあ。













さらば「夢の宝塚」。












そして帰りも阪急と、梅田から地下鉄で難波駅に戻った。






4:20発のカブトガニ号に乗って笠岡追分バス停には7時すぎに着いた。


やっぱし、カブトガニ号は楽でいいわ。バス停が近いし混まないから。




つぎ・十一番町緑道公園の梅












2012年3月17日