2011年3月14日    水曜日
大阪市浪速区難波  大阪府立体育館  大相撲春場所 4日目



東方幕内力士土俵入り。








横砂白鵬の土俵入り











勝負審判役。

これは元大関「若島津」の松ヶ根親方。









前半最後のいちばん











前半戦が終わってすぐ、

正面のイス席がざわついた。




双眼鏡で覗いても判らないので、隣の男性に聞くと

「朝青龍が来たみたいですよ、・・たぶん」。


翌日ネットによれば朝青龍とモンゴル首相だった。

一国の首相がイス席で観戦いうのも面白い(写真↑、まんなか右に朝青龍。その右で下向きが首相)









話変わって、

面白くない相撲がつづいていたが

やっと

幕内上位いうか、役力士が土俵にあがる頃から面白くなってきた。









大関・稀勢の里、勝つ。









綱取り大関・把瑠都敗れる。












これは大関琴欧州対妙義龍。












そして結びの一番。

横綱白鵬対時天空。どちらもモンゴル出身力士。













既に優勝回数21回。生真面目な風貌からは大横綱の風格が漂う。












白鵬投げ飛ばす。











弓取り式。








ここで木が入って打ち出し。










最後の30分だけ面白かったな。










観客数は6割ちょとかな? 4000〜5000人。


もう大相撲が満席になることはないだろう。



相撲協会は、かつての人気があった頃を忘れないとだめだろうな。(観客の場合3000〜40000人で普通)











「スポーツ」から「伝統芸能」へ比重を移す。



なんといっても相撲の勝負以外は相当魅力がある。













体育館から出入りする幕下以下のお相撲さんの姿。

さっそうと場所入りする関取たち。

茶屋の日本的風景。

館内を歩く呼び出しの粋。




土俵では呼び出しや行司の派手な衣装。

きらびやかな土俵入り。

土俵上での四股・仕切り。


つまり、勝負以外みな良い。











伝統芸能にシフトして、観客数は3.500人程度を予定して事業計画を立てれば

これからも「大相撲」は継続できるのではないだろうか?


なお、翌日に行った宝塚には修学旅行の中高生が4〜5校あった。相撲には1校もなかった。

(かつて、どこでもある風景だった)子供が相撲を取っている姿は日本から消えてしまった。

相撲協会は相当な危機感を持たないと存続が難しい。






つぎ・「夢の宝塚」@A











2012年3月17日