2011年3月14日    水曜日
大阪市浪速区難波  大阪府立体育館  大相撲春場所 4日目



かっこいい力士の場所入り姿。










場所入りを見物する相撲ファン。








関取の場所入り風景@










地元力士『栃の若』、拍手がまるっきり違う。





今場所元気な尼崎出身力士。










相撲を終えて宿舎に引き上げるお相撲さん。












体育館に建つ贔屓力士への幟。













関取の場所入り風景A









館内の玄関付近。











玄関から茶屋が並ぶ。












チケットを出して館内に入る。



すぐに優勝カップ、表彰カップを展示している。





どのトロフィーやカップも予想以上にサイズがでかい↑↓。










客席に入る。



幕下力士の取り組み中。










ところで、

大相撲見物は午前8時30分からはじまる。

切符にそう書いてある。



なんと1枚の入場券で9時間半楽しめる。




野球が3時間くらい

サッカーが2時間

ボクシングやプロレスが3時間くらい


異常に長い時間のスポーツ観戦切符となっている。

















力士が脚をピーンとあげると、いかにも相撲いう感じがする。












桝席で見る人。さあ、十両力士の土俵入りがはじまる。












十両土俵入り。この時、14:33頃。













土俵入りが終わって、十両力士の取り組みがはじまった。





呼び出し、その声が響く。素晴らしい美声。





つぎ・大相撲春場所4日目BC













2012年3月17日