2012年3月12日   月曜日   午前10:40頃
笠岡市用之江  菅原神社



城見小学校の下にある道標。「天神」の文字がかすかに読み取れる。












えいちゃん母校の城見小学校。














用之江の菅原神社の鳥居と参道石段まえ。


自然石の常夜灯と「社稷」。



この大きな「社稷」は前を通る往来(元国道2号線)に向かずに、神社を向いている。









いい香り。

石段に咲く白梅。





石段の桜並木の中に一本だけ梅の木がある、それがよく匂う。













備後・備中の国境の村、用之江。




丘に見える工場は「シャープ福山」。








菅原神社拝殿に奉納されている絵馬。









菅原神社本殿。












日露戦争の戦没者の記念碑。10名ほどの名が彫られている。




日露戦争は”明治三十七八年戦役”とも呼ばれていた事が、碑からわかる。







ゆるやかな菅原神社の石段。




幅といい、坂の傾斜といい、管理状態といい、

お参りする人や、祭りの神輿の上り下りもほどいい感じがする。







アメリカ屋の前の道にある常夜灯。

階段が外側に付いている。




こういう常夜灯も珍しいと思うけど、

子供の頃から見慣れたものを今頃になって気が付くいうのも・・・、じつはよくある。





つぎ・東大戸天神の梅











2012年3月13日