2012年3月10日   土曜日    吉浜天神    運動公園    島の天神    太陽の広場    道の駅    東部支所 
福山市伊勢丘 東部市民センター   11:50頃    12:30頃   12:50頃    13:10頃    13:40頃    14:40〜16:00 
「東部文化フェスタ2012」            



はじめて「東部文化フェスタ」にやってきた。






東部文化センターはいつも混んでいるから、

わざと時間を遅らせて来たら、

テント内の店はぼちぼち終う準備をはじめていた。









物産展のテント村↑↓。ぬいぐるみは地元の女子中学生。ゴレンジャーは男子中学生だろうか?











市民センターの二階が展示会場。


二階に上がる。





いきなり「薄磯」が飛び込んできた。えいちゃんは身体が動かないようになった。





すると館内の係員が「どうされました?」と声掛けてきた。

その方は、福山市役所からいわき市に、被災救援の応援で行った方だった。








いわき市の「薄磯海岸」がどれほど美しい海辺であったか、という画像を探した。

当時二歳の長女が海鳥に追われている。






長い砂浜、白波、水平線、海鳥。そして海に向かって右手には塩屋崎灯台が見える。すばらしい自然海岸だった。








「福山市といわき市は中核都市同士という縁で、市役所職員が交代で応援に行っています」

そして

いわき市の玄関口・平の状況をくわしく話してくださった。







いわき市の一番北部の漁港・久之浜。





正視するのが苦しい。






いわきには「がんばっぺ」という言葉がいちばん似合う。














福島県、宮城県、岩手県の被災や復興中の写真が並ぶ。












「グループ・サークル作品展示」室に入った。











おもしろい仏像の写真。









写真には出展者から「東北へのメッセージ」が書かれている。











「水墨画」ではあるが、「南画」。









幕山公民館の作品。









こちら「日吉台」。








つぎ・「東部文化フェスタ2012」AB











2012年3月13日