2012年3月10日   土曜日    吉浜天神    運動公園    島の天神    太陽の広場    道の駅    東部支所 
笠岡市神島 菅原神社   11:50頃    12:30頃   12:50頃    13:10頃    13:40頃    14:40〜16:00 



「島の天神」に来た。











島の天神には10本程度の大小の梅の木があった。










境内をぐるりするように植えてある。












海に沿って咲く梅。












霊場の梅。











後ろから見る島の天神の本殿。










海からつづく参道。新旧の常夜灯が並ぶ。











万葉集の碑。


「月読の 光を清み 神島の 磯間の浦ゆ 船出す我れは」




この歌の碑は福山市にもある。


福山東部図書館にある郷土本には「福山の神島」が正当性がある、と書いてあった。

・・・風光明媚であり、草戸が栄えていた・・・というのが理由。




こういう考えは邪道だな。



万葉集から千年も後の「奥の細道」の芭蕉の句

『風流の初やおくの田植うた』は、福島県だけでも20以上石碑が建っている。


いい歌に、場所を決めつける必要はない。




つぎ・太陽の広場の梅













2012年3月13日