2012年3月9日   金曜日   午後3:00頃
笠岡市四番町  笠岡市図書館



いつものように図書館で週刊誌をパラパラしていると!





えいちゃんが住んで

今までで一番好きだった薄磯海岸が載っていた。





福島県いわき市には結婚後2年半住んでいた。



生まれたばかりの長女は

薄磯海岸の砂浜で海鳥を追ったり、追われたりして砂浜を裸足で走っていた。



海鳥、砂浜、水平線、そして塩屋崎灯台。




その海は今・・・・↓。






いわき市は東北地方ではあるが地理的には関東地方と境になる。

ここまでとは、正直思っていなかった。






これは、いわき市久之浜。




普段は漁港建築の仕事で訪れ、

休日は港の漁協で魚を買いに来ていた。・・・あの久之浜が全滅している。







その週刊誌・週刊新潮。










えいちゃんは昨年末、

生まれて初めて「クリスマスカード」を受け取った。



それはいわき市の友人で例年は年賀状だった。



その友は「幸い、母の遺骨は無事でした」と書かれていたが

遺骨以外はすべて波に引き戻された事が・・・やっと今・・・わかった。













震災から半年後・・・建物が無い町の状態での・・・久之浜の笑顔。






人の笑顔は美しいが、

それが被災地の東北であり、また久之浜の笑顔であれば更にうつくしく感じる。










久之浜の笑顔はこの↓「アサヒカメラ」に載っている。














紅梅。








竹喬美術館の梅。







いわき市の人たちにも届けたいような梅の花。



あの震災から丸1年、

えいちゃんはどのように果たせばいいのか、自分の役割をずっと考えながら、何もせずにきた。


あさっての午後二時過ぎが、去年のあの時だ。





つぎ・吉浜天神の梅












2012年3月9日