2012年3月日  水曜日      妹尾三連樋門    ファーマーズ  〜  児島湾干拓樋門群  〜ファーマーズ   みやま公園    ぽかぽか温泉 
岡山市南区藤田     9:40頃   10:05     13:41    14:30頃    15:00〜



藤田伝三郎といえば


笠岡市では神島化学(その前身の大阪亜鉛)を、

倉敷市ではエネオス(その前身の片方・同和鉱業)を、

備前市では柵原鉱山や片上鉄道を、

そして岡山市・倉敷市・玉野市にわたる広大な児島湾干拓を成した。




今では、岡山県人でさえその名を知る人が稀な「藤田財閥の創設者」。

旧児島郡藤田村が、岡山市南区藤田として地名に名を残している。




今日は児島湾干拓地に残る樋門を訪ねる。




ここは国道30号線沿いにあるホームセンター「ダイキ」。

ダイキの他にも書店やスーパーやおもちゃ屋などがある。




このダイキの駐車場に車を止めて、「妹尾三連樋門」に向かう。






岡山市街地方面。





このように天気はどんよりで、遠方までの視界がない。








妹尾川の桜の土手道を走る。






この付近の町内会の名称は「桜並木町内会」という↑↓。













見えました!


「妹尾三連樋門」。










樋門は道路を兼ねている。












花崗岩の美しい石組み。











妹尾三連樋門は明治37年に建造された。樋門の道は、その場所だけが1車線で、狭くなっている。





この事(樋門により交通状態)が、常に樋門の解体と、新しい橋を建設する議論を生じているようだ。










妹尾三連樋門からすぐ近くにある「藤田神社」。なかなか立派な神社だ。












藤田神社拝殿。絵馬が(紐で掛けるのでなく)壁に貼られている。











左側の絵馬。








右側の絵馬。












この神社の神様である藤田伝三郎の碑。




調べた訳ではないが、

神社の神となった人物では、一番新しいのではないのだろうか?






神社には常駐の係り員がいて、売店もある。





境内にある「殉国慰霊塔」。










境内に咲く白梅。





この時季の梅は、心が和む。




つぎ・児島湾干拓樋門群A常川樋門BC











2012年3月8日