2012年3月3日   土曜日   10:12〜12:14
福山市坪生町     「坪生たずね歩き」




坪生のメイン道路。まっすぐ行けば神辺・井原・笠岡。逆(西側)を向けば福山に行く。





このあたりに「身代わり地蔵さん」があるのだが、・・・発見できず。









「池平の大師堂」。






池平の大師堂から見る南の伊勢丘団地方向。



手前の橋の下を山陽道が通る、校舎は「坪生小学校」。













右手に「厳島神社」が見えた。







「厳島神社」は海沿いに多い神社だが、ここは山の麓にある。









厳島神社は峠道にあり福山市浦上町と坪生町の境。




峠を走る坪生経由笠岡駅行の井笠バス。









山の上になびいている幟が見える。あれが「西山城址」だな。





麓の道を、

登山口はどこだろうと気にしながら歩いたが、それらしい道を見つけることはできなかった。












「的面橋」を渡る。





山陽道を走れば坪生町は場所がすぐに判る。


坪生町は高地にあり、山陽道は・・・盛土・トンネル・高架橋でなく・・・堀切で、高速道路をまたぐ橋が集中している。


走行中に道路の上に橋が次々にあるのが福山市坪生町。










「庚申堂」。











「八幡さん」。













この上り坂の上まで坪生町。





えいちゃんが福山市東部図書館に行く道。








「奥寺のおじぞうさま」「正覚院跡」。




右の池が「新池」で、一部児童公園になっている。









裏から見た、福山市立坪生小学校。







この頃より、

わかりにくい坪生の新道・古道・団地道が、

更に蜘蛛の巣の状況となり行く・戻る・地図を見る・見直すの繰り返しとなった。






つぎ・「坪生たずね歩き」B













2012年3月5日