2012年2月29日   水曜日   12:36〜14:05
笠岡市生江浜



信号待ちの車の中で、ふと腕時計の日付を見た。

ちゃんと「2月29日」になっているだろうな。・・・・・2・29になっていた。安心した。







今日は「語り継ぐ金浦」より、

”昭和30年ごろの生江浜”を訪ねてみる。







笠岡総合スポーツ公園から出発する。











広いサッカーグランド。












陸上競技場の前には「よみがえれカブトガニ」。




吉備焼きの100周年記念の作品。

碑の書は片山虎さん。








最初の「昭和30年ごろの生江浜」は

「明石のドンドロ松」。




このあたりが明石浜いうか生江浜の海水浴場だったな。


中学生の時、一度だけ泳ぎに来たことがある。

泳ぐには茂平の方がだいぶんといいわ、とその時思った。




「ドンドロ松」は覚えてないな。

ドンドロが落ちて松は燃えたのだろうか?





そう思っていると

吠えていた飼い犬がえいちゃんを追ってきた(写真→)。

ワンワン、ぎゃんぎゃん。



このクソ犬の為に民家の細道に逃げるように去った。






しょっぱなからクソ犬にペースとコースを狂わされてしもうたわい。









元火葬場付近から見る金崎。










国道2号線をくぐって北へ行く。










これより国道二号線の北側を行く。










丘は「旭ヶ丘」。











中津川と大津川という二本の水路があり、干拓地の遊水地に流れる。












「大矢掛屋」さん。




特に庭園が見事な元・庄屋さん。







つぎ・生江浜AB













2012年3月5日