2012年2月28日   火曜日  午前11:10頃
笠岡市横島    「カブトガニ博物館」  特別展--博物館20年の歩み--



特別展をしているようだから博物館に入ろう。










入ってみると、平日でもあるし

えいちゃん貸切のカブトガニ博物館であった。















この恐竜は音が出る。

口が動く。

首が動く。



暗闇の中で存在感がある。







ステージと画面も20年前と同じだが、

見物人がいないのが変化かな?












弁天島の前を行く三洋汽船。













カブトガニ博物館から見る笠岡第一病院。










戦後の保護活動では

伏越の医師・西井先生と、笠岡東中が有名。




金浦湾を地区に持つ金浦中学でなく、

笠岡東中であったのがすごい。


まるで、その後の笠岡湾消滅を見越した保護活動が昭和36年に始まっている。















ここが特別展のコーナー。





20年間のイベント用ポスターなどを展示している。











保護センター時代からある水槽。




カブトガニはいるかな?

見えない。







カブトガニ博物館の入場者は少ないが、この恐竜公園はいつもそれなりの人がいる。

けれど今日はいない。寒いからね。






えいちゃんも引き上げよう。



つぎ・生江浜@A












2012年3月5日