2012年2月18日    土曜日   午前10:30頃
笠岡市四番町  笠岡市民会館   「第34回 笠岡市美術展」



市民会館の美術展を見に来た。



今年は194点の作品が展示されているという。













既に「第34回」の美術展だが、えいちゃんの展示は過去も未来もなし。

見るだけ、観賞するだけ。












習字は「漢字」と「かな」に分かれていて、漢字とかなが混じったのが「かな」。




まんなかの作品が、保育園からの同級生・ようちゃんの作品。

ようちゃんには会えなかったが、

全作品中で小・中・高の同級生の名前はようちゃん以外なかった。











「工芸」部門には、




「木彫」

「陶芸」

「漆芸」がある。









これは「写真」部門。





参考になる作品が多く展示されていた。















出展者同士で訪れ、お互いに自分の作品の前で記念写真を撮っている人。













絵画は「日本画」、「水墨画」、「洋画・版画」の3部門がある。








どの作品もその人の力作であることはじゅうぶん伝わってくる↑↓。














力作ぞろいで、いい美術展だった。



同級生の名がもう2〜3人あってもいいものだ、と思うけど

去年もたしか、ようちゃん以外の名はなかったなあ。









つぎ・尾道へ













2012年2月22日