2012年2月17日   金曜日    茶屋町  →  藤戸 茶屋町   瀬戸大橋スパ    ライフパーク倉敷   
倉敷市茶屋町・藤戸町   9:30頃   10:40頃    11:30頃    13:30頃   14:40頃   



源氏方の武将佐々木盛綱。




藤戸の瀬戸。浅瀬を渡る”先陣”の盛綱。








勇ましいのだが、

全身像ではない。馬は半身。








ところで、この像は銅像ではない。

鎧は鉄でできていて割とリアルな像となっている。





えいちゃん一句できた。


功名を今に残す盛綱橋






昔・海峡、今・倉敷川。藤戸側から見る盛綱橋。












天城から盛綱橋を藤戸に渡ったところにある「藤戸饅頭」のお店。












盛綱橋を渡って10mほど行けば県道。

倉敷〜児島のメイン道路のひとつだけに交通量が多い。

そこに「藤戸寺」。












藤戸寺にお参りする。













源平藤戸合戦の供養の寺・藤戸寺。












藤戸寺にある「石造り五重塔」。




鎌倉中期のもの。岡山県指定文化財。








お寺から下りる。




再び盛綱橋を渡り、天城の町並みを散策する。






交通の要所として繁栄した天城。











霊場の道しるべもしゃれた石造りのもの。












白壁の「診療所」。




(離島でも山間部でもない天城に「日曜診療所」いうのも、よくわからんな)






倉敷川の・・・水運でなく・・・海運、瑜伽山参り・金比羅参りの街道・港、周辺の農産物の積み出しなどで栄えた町。











古い町並みが随所に残っている。













この教会は「日本キリスト教団天城教会」といって明治23年(1890)に建てられた。





岡山県指定文化財となっている↑↓。














「龍吐水」と書かれた駕籠のようなものが玄関の上に吊り下げた古いお宅。





「龍吐水」とは、消防ポンプの役目をするもので、明治10〜20年ごろには消滅したものだそうだ。








天城高校付近、これより茶屋町へ向かう。








つぎ・茶屋町〜藤戸町B












2012年2月18日