2012年2月11日 土曜日  午前8:50〜12:41
笠岡市山口  新山公民館  「第13回 にいやま史跡探訪とウオーキング」 (尾坂川について知り考えよう)




ここは「ドンドン」。




長迫川が尾坂川に合流するところ。







尾坂川の土手道を歩く。




井堰付近。








右手には「古代の丘スポーツ公園」への坂道が見える。














「神田溝」「チサノ木井堰」。





神田溝は(じんどみぞ)と呼ばれ、谷尻川を潜った溝。


「チサノ木井堰」のチサノ木は、

この地の、その木を後楽園に献上したそうだ。












少し寒くなってきた。












ここは「霞堤」。




堤防が三本ある。

右手の堤防よりも左手の堤防が相当低い。


右手の二本の堤防は洪水時に、緩衝の役目を果たし、更には遊水地なる。


甲斐の信玄堤と同じ原理だそうだ。












JA新山支所が近くなった。









そして公民館に帰ってきた。







おにぎりとトン汁を食べた。


毎年美味しいが今年のトン汁は特においしかった。






閉会式で、昨日から準備の調理をねぎらわれる新山婦人会の方たち。








尾坂川の発表会をねぎらわれる新山小5年の生徒。






こうして今年の、にいやま史跡探訪とウオーキングは終わった。


会長のT先生の「来年も今月今日開催します」の言葉で解散となった。

来年もまた参加しよう。





つぎ・応神山〜石鎚山@A











2012年2月11日