2012年2月9日   木曜日      笠岡駅    阿賀駅    大空山    休山    アレイからすこじま    水野公園    海員会館(泊) 
呉市阿賀 「大空山公園」     8:20   10:38    11:40頃    14:10頃    16:10頃    16:55    17:55〜 



山頂が近くなってきたら呉のランドマークとも言える「灰ヶ峰」が見える。すばらしい山容だ。














大空山公園には「青年の家」もある。三階建ての古い社員寮に似ている。ほぼ利用されていない様子。











青年の家の前から見る山頂。

展望台があるぞ。










山頂への車道沿いに

年期が入った近代遺跡があった。







これは戦争遺跡だな。






どこに案内板はあるのだろう?

前にも後ろにも横にも上にも、案内標識はなかった。↑↓。





大砲弾薬庫だろうな、

しかも、たぶん明治の。







坂道を少し登ると「平和の庭」があり、桜の公園になっていた。















その桜の公園の半分は砲座の跡が残っていた。














アーチ状の穴を覗きこむと暖炉のようなものが置かれていた。







片方は扉がかかって内部は見えない。











砲座が二つ。これが二個並んでいる(計4座)










上から見る砲座の跡。





石とコンクリートの砲座跡。


第二次大戦でなく、日露戦争に備えた砲座だろうな。









そう思いながら山頂の展望台に登ろうとしたら、

そこの基礎部分がまた戦争遺跡だった













石やコンクリートの状態が先ほどの砲座跡より新しい↑↓。第二次対戦の遺跡だろうか?









しかし

碑もない・案内板もないというのは、いったい、どういうことだろう。



これでは「平和を語る」資格もない!




と一瞬思ったが、これが平和日本の現実だったと思い直した。



それに

ちゃんと破壊せずに「残している」、

しかも「立入禁止」やシートで覆い見せないのでなく、ちゃんと見せている。




呉市の場合はまだいい方だと・・・・情けないながらも・・・少しだけ評価できる。










展望台からの展望はよかった。




阿賀の町、背後の休山。










倉橋島方面。











広大川と広の市街地。












灰ヶ峰。










これが山頂展望台の案内地図。














展望台を少し下ると桜の公園や展望所がある。





呉市の大空山公園は「桜名所」の公園であって、

「戦争遺跡」の山ではない・・・・と言いたそうだ。




呉は今も昔も海軍の街だ。ありのままに伝えるのがいちばん良いと思うけどな。




そう思いながら山を下った。







次に行く休山。大きな山だ。












阿賀駅の近くに下りた。



こんどは「休山トンネル」を目指す、そこが休山の登山口。車道だけど。













柱が残った鳥居。

これは2001年の「芸予地震」で崩落した鳥居。




建物は瓦も落ちたので、併せて地震の記録として残しているそうだ。










ここが休山トンネルの東側入り口。




この左の道を山に向かって登る。








車道は墓苑を横切る。

広の街が下方に見えてきだした。








つぎ・(呉市)大空山〜休山B休山山頂C












2012年2月12日