2012年2月8日   水曜日  午前10:43〜12:04
浅口市金光町地頭下・占見



「地神」の場所から見る桝池。











すぐ下にはトウガキの木よりも低いとこに半鐘がある。













桝池の西堤防。













桝池の帰りに

山側に見える神社に行ってみる。








皇紀二千六百年を記念した注連柱。












鳥居をくぐる。






鳥居には「磐岩宮」と刻まれている。










石段を登り拝殿前から金光教方面を眺める。

屋根が青いのが金光教本部。





この時、そうとう雪がふぶいた。









本殿のすぐ後ろに岩と道があった。


磐座の山のようだな、登ってみよう。








雪の中、磐座道を登った。












大きな岩があり、

道の最後は土俵と木野山神社があった。










変わった名前の神社だな、


それに磐座があるから「磐岩神社」と呼ぶようになったのだろうか?  そう思いつつ下りた。







境内に神社の説明板があったので読むと、

やはりそうで・・・、


「周囲の地形にふさわしいから名付けられた」と書かれてあった。







つぎ・(呉市)大空山〜休山@笠岡駅〜安芸阿賀駅ABC












2012年2月8日