2012年1月31日   火曜日  午前9:30頃
笠岡市入田



入田の朝。









人の声も、人の姿も見えない。














氷が見えた。






田んぼのゲシの塩ビ管から出る水が氷になっている。





枯草に落ちた水は氷の珊瑚。










車の走行音だけがよく聞こえる。写真の正面は山陽道が横切る。












峠に行く。前には神之峰がみえている。




ここから先は井原市になる。



井原市岩倉町采山地区、そこに行った(次頁)。








采山から山道を入田に戻ってきた。














入田のある墓地。




墓石の形状が時代とともに変化しているのがよく判る。










これは正四角形の「地神」。





備中や備後の「地神」は自然石・円形・五角形のどれか、こういう四角な地神はないけどなぁ?

と裏側にまわると”平成3年”の建造と彫られてあった。



正方形の「地神」も、平成建造の「地神」も併せて珍しいものだ。










つぎ・岩倉町采山













2012年2月5日