2012年1月26日  木曜日    山口    伽藍山   
笠岡市山口    8:20〜9:09    9:29〜10:48   



(四季の歌)

『冬を愛する人は 心ひろき人』










えいちゃんが「心ひろい人」か?

と言えば、心ひろくない。















でも「冬を愛する」人でないか?

と聞かれれば、いちおう冬を愛している。














冬だろうが、夏だろうが

「愛し」ながら生きていくのは人間の知恵だもんねぇ。











では、たまには、



えいちゃんも風流な心をもって




「春はあけぼの」で有名な清少納言と同じ(というか真似をして)冬を楽しんでみよう。














冬は、つとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず



朝がいいんだな。しかし、雪は笠岡の場合「雪の降りたる朝は」滅多にない。














霜のいと白きも、



今朝は霜が「いと白い」。












またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし。


今は「いと寒く」ても、

火の変わりにエアコンやストーブがあるので「炭」を「もて渡る」家はない。














昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、



昼になり、だんだん気温もあがる。









火桶の火も、白き灰がちになりて、わろし。


火鉢は火よりも灰の方が多くなる。それは、それで風情があるのだけどな。














まあ、火鉢も家庭から消えてしまった現在では


火鉢の思い出事態が既に、なつかしい感じがする。









つぎ・伽藍山












2012年1月31日