2012年1月12日    木曜日  12:17〜14:05
笠岡市広浜   虚空蔵山


虚空蔵山には今立から、里庄から、

車道を我が脚で何度も登っている。




しかし一度は霊場道を登ってみたいと思っていた。






(今井公民館駐車場)




冬の絶好シーズンであることに加え、

虚空蔵さんでは1月に虚空蔵菩薩の大祭がある。今はきっと、踏み跡はじゅうぶんあるはずだ。







笠岡十名山登ろう会発行の本から虚空蔵山のページをコピーして今井公民館からスタートした。

















広浜から見る絵師。今立川は河川と道路拡幅の工事中。













広浜の「民家が途切れるところから登山道がはじまる」と説明されているが、そこから道が三つに分かれていた。







農婦の方が「山へは右の道です。しんでぇよー。」

尋ねる前におしえてくれた。



道はこのように整備されている。







途中から幅は狭くなるが、それでもばりばりの登山道。







道はしっかりしているが、

農婦人が言っていた・・・・・しんでぇよー、そのものの道だった。



予想以上に険しいいうか、脚にこたえる道だった。




途中展望があった。


神島栂の丸。








寄島竜王山。








その頃は、こういう岩が点在する道。









御嶽山。










やっとお堂についた。やれやれ。










お堂の近くの「虚空蔵岩」。




毎度ながら、えいちゃんは岩の上には行かない。

危険が理由でなく、根性がまったくない。







虚空蔵岩付近から見える真鍋島。






虚空蔵岩付近から見える仙酔鍋島。









つぎ・虚空蔵山A












2012年1月18日