2012年1月8日   日曜日     井原駅   清音駅    総社駅    清音駅    井原駅   
井原市・総社市       10:31   11:03〜11:30    11:35〜14:25    1429〜14:37    15:22   
 「井原線ワンコインデー」        100円    100円    180円(JR)    100円    
                         



「詐欺におうたみたいじゃ」



清音駅で下車する際、となりのおじさんがそう話した。



(JR伯備線兼井原線の清音駅)


えいちゃんもそう感じた。

総社までは100円と思っていた。(プラス100円またはJR180円が必要)

更に新聞記事には、「ほぼ30分おきに発車します」であったが、この時は50分待ちだった。









井原線は

東は岡山、倉敷、総社駅と繋がれ

西は神辺、福山、府中と繋がっている。


そのうち

(例えば)

岡山駅から井原駅を経由して福山駅に行った場合、どこから、どこまでが「井原線」なのか、ようわからんのじゃなあ。


おまけに言えば、その間上りと下りが発生して、時刻表もこんがらがるんじゃなあ。



「井原線とは」、神辺〜清音、そう思っていれば詐欺やペテンとは思わなくて済む。









初めて清音駅に降りた。




これは清音駅の駅前商店街。

この商店街を200mも進めば土手に突き当たる。






そこが高梁川。




これは川辺橋。旧山陽道。








次の井原線の列車が来た。




それに乗って総社駅に着いた。




総社駅では接待の「甘酒」をいただいた。













これが「総社駅」。

ずいぶん立派な駅でびっくりした。









総社駅からは地図を手にして

総社駅〜浅尾陣屋跡〜宝福寺〜秋葉山

を目指す。




総社は市名にもなっているように、「総社」があり、古い町。


何度も地図をみての前進となった。





総社駅からJRの吉備線と伯備線が分かれるところに「天満屋ハピータウン・リブ21」。




「リブ21」はリーブ21ではなくて、総社の専門店街。








浅尾に着いた。


江戸時代、ここに浅尾藩1万石の陣屋があった。









浅尾陣屋跡。








慶応2年(1866年)4月、長州浪士隊100名によりこの陣屋(および倉敷の代官屋敷)は襲撃を受けた。






それが、岡山県史で有名な「倉敷浅尾騒動」。






陣屋跡から見る総社市街地。










浅尾を過ぎると、ほぼ田園風景になる。


目指す「秋葉山」は、あの正面の山だろうか?



(右は伯備線)








秋葉山への中間点とも言うべく「宝福寺」。






宝福寺には帰路に寄る。



そのまま山に向かって行った。




つぎ・井原線ワンコインデーB秋葉山C












2012年1月10日