2011年12月27日   火曜日  13:00頃
福山市神辺町  フジグラン・エーガル8  「山本五十六」



フジグランの屋上駐車場。








フジグラン3階にあるエーガル8。











今日は「グランの湯」に入った後、

映画を見に行く。











それが「山本五十六」。














「山本五十六」は見にいく気はなかったが、

原作者・監修「半藤一利」と知った瞬間に見に行く気になった。







半藤一利なら間違いない。





えいちゃんは、あの時代に関する半藤の本は一番信頼できると思っている。
















映画のテーマは海軍の山本五十六の人と思想を描くもの。











ストーリーはしっかりしていた。






さすがに半藤ものだった。






もっとも、

開戦後1年経っても「講和」の主張には、不自然というか、現実味がなかった。









役者はよかった。

どの役者もみな演技が優れていた。




いちばん良かったのは主役の役所広司。




その次に玉木宏と吉田栄作が良かった。





玉木の真実を求める真剣な演技。、

吉田栄作の長官を信じる演技。



泣けてしまった。












えいちゃんが映画を見て泣いたのは、いつだったかな?

ずいぶん昔の「わが愛を星に祈りて」を見た時大泣きした、以来のような気がする。





いい映画だった。

そして主演者がみなよかった。







つぎ・御嶽山@A











2011年12月31日