2011年11月21日  月曜日    宇内渓  →  星の郷青空市  →  鳴瀧峡 →  夫婦淵 
小田郡矢掛町宇内・井原市美星町   11:05〜12:35     13:00頃   14:05〜15:20    15:30頃 


井笠地方の渓谷の紅葉では文句なしにナンバーワンと思える「宇内渓」を見て歩く。











宇内渓とは「星の里街道」の左右にひろがる渓谷のことをいう。








「星の里街道」とは矢掛町小田から美星町の星の郷里青空市までの道、広域農道のこと。


福山や井原、笠岡の人が美星に行く道。









谷間に星田川が流れ、それが井原市と矢掛町の境界になっている。









井笠一の渓谷美だが不思議?



井原市観光協会にも

矢掛町観光協会にも、


この地は載っていない。




もちろん井笠観光協会にも載らない。



















ここは「宇内梅園」。












宇内梅園には道路側にさざんかが咲き、梅園の奥には滝が落ちていた。














星の里街道を美星に向かい登って行く。














(残念ながら雲が邪魔しているが)

まさに渓谷美。













下は星田川から「第二星田池」に変わった。












法面の角度は直角に近いほどの急斜面。












「烏帽子岩展望台」。












これが烏帽子岩、水の神様だそうだ。




烏帽子岩から首を出せば、真下に星田池が見える。









烏帽子岩展望台から見る湖面。












烏帽子岩展望台を少し過ぎたところから。

星の里街道はこの季節、このような快適ドライブ道になっている。









つぎ・宇内渓A











2011年11月23日