2011年11月12日  土曜日        弥高山  →  高山市  →  穴門山神社  →  天神峡 
高梁市川上町高山市  穴門山神社      10:00頃    10:50頃    11:30頃    13:20頃


高山市の町から穴門山神社まで約2kmある。



ほぼ下りいっぽん、最初は杉林の道。











杉林を過ぎると雑木林で秋らしくなってくる。














隋神門が見えた。やってきたぞ。












手を清め、これよりお参りする。













隋神門は深山の中にある。岡山県指定文化財。














神社社殿への道、こけむした石垣が長い年月を感じさせる。













隋神門と社殿の間は、こうのような城郭顔負けの高石垣となっている。











神門。



















拝殿と本殿。












正面から見る拝殿。














本殿は石灰岩の岩肌に当たっている。












これが「御神窟」。

不気味な洞窟で、前回来た時もそうだったが物音がしてどきっとした。














穴門山神社の石灯籠。

石と苔の組み合わせが、この神社の雰囲気をよくだしている。









つぎ・弥高山〜高山市〜穴門山神社D











2011年11月16日