2011年11月7日   月曜日   午前9:30〜12:00
笠岡市小平井  大井公民館主催・陶山公民館そば同好会応援  「チャレンジおやじの料理教室・手打そば」



今年最後の大井公民館・チャレンジおやじの料理教室は、

お隣の陶山公民館から指導の先生の派遣を受けて「手打そば」教室。



(陶山公民館の主事さんと、「陶山公民館そば同好会」の先生方)








陶山公民館そば同好会の先生方により



「秘伝 ぼっけぇおいしい そばの作り方」を教えていただく。




今日のチャレンジおやじは皆、気合がはいっているようだ。

それに何時もの時よりも生徒が増えて15人の満席。






七つの班に分けて、

いざ

「チャレンジおやじの料理教室・手打そば」

はじまり・はじまり。









最初はそば粉(二八そば)をふるいにかける。














次に「水まわし」。

この水まわしが、陶山の秘伝そばでは「最重要]



「水」とは卵に水を加えたもの。

この水を3〜4回に分散してそばをこねる。








両手を使って粉がぼろぼろするまで続ける。
















「ねり・くくり」

掌で何度もしっかりと押したりこねる。












「でっちる(へそだし)」




塊を立てらすようにして、押して、また立てらす。何度も繰り返し。











「丸だし」

最初は手のひらで押す、次に麺棒で押さえる。











「四つ出し」。




丸出しは円形で、四つ出しは四角形にする。



麺棒に巻きつけて引く、








ぐるぐる巻く。








手前に引く。









薄くなるまで、







四角になるまで、繰り返す。











「厚さ」


1.5mm。







厚さ1.5mmになったら、折りたたむ。








「切る」

1.5mmで押し切り。



えいちゃん余裕?・・で切る。







切ったら包丁に乗せて器に移す。









「茹でる」

鍋では、ゆっくり沈み、ゆっくり浮かせる。

そばの三返りがあれば煮えたことになる。







「洗い」


ざるにすくいあげたら、素早く水をかけ温度を下げる。












こちら大井栄養委員の皆さん。今回は後方支援で、蕎麦打ち以外を準備中。





だしの他にも


豪華なでデザートやてんぷらを料理中。














そして出来上がった本日のそば料理。










公民館長さんの挨拶が終わると、食事開始する。





チャレンジおやじたち皆、満足の「そば打ち」教室だった。



今回も「そば」と「だし汁」のお土産付。

それに陶山公民館の「秘伝」書も貴重な土産物だ。



陶山公民館そば同好会の先生方、”秘伝”の伝授ありがとうございました。




つぎ・田中苑の櫂の木〜井原堤の桜紅葉@A













2011年11月10日